コンタクト 外し方基礎知識

コンタクト 外し方を覚えよう

コンタクト 外し方を覚えよう コンタクトを装着するのは比較的簡単ですが、外し方には少しコツが必要です。どちらもコツを覚えてしまえば、さほど難しく感じませんが、慣れるまでは少し苦労する事もあります。ここでは初めてコンタクトを使う人に向けて、外す時の正しい外し方や、覚えておくと便利な外し方のコツを紹介します。

まず手軽さから人気があるワンデーコンタクトについてです。ワンデータイプはソフトレンズですから、比較的扱いやすく、初心者にもトライしやすいです。ワンデーコンタクト 外し方のポイントは、装着する時と同じで、デリケートな目に触れる事になるため、コンタクトを外す時は必ず手を洗い清潔にしておきます。意外と見落としがちですが、手を洗った後にはタオルでしっかりと水気を拭き取ります。少しでも水分が残っていると、レンズに触れた時ずれる事があるからです。慣れるまでは鏡を見ながら行います。少し顎を引き上目遣いになるようにしたら、利き手とは反対の手で、まぶたを押さえるようにしながら、少し上に上げます。そのままの状態で今度は利き手の中指で下まぶたを押さえ下に引き気味にしたら、利き手親指と人差し指でレンズの下を押さえ、指の腹でレンズを優しくつまむように外します。この時力は必要ありません。

レンズをつまむ時には、親指と人差し指をくっつけた状態にしておくと、外しやすいです。レンズの下4時と8時のあたりを目安にするとわかりやすいです。コンタクトを外す時、爪が長いと爪が当たってレンズをずらしてしまったり、目を傷つけたりする可能性があるので、可能なら爪は短くしておきましょう。無理な場合は爪が当たらないよう慎重に行います。

外す時のポイントは目を開き、レンズに触れたら少し下にずらしてから外す事です。そのままの状態で外そうとすると、角膜に傷をつけてしまう可能性があります。指が迫ってくるのが見えるので、最初は瞬きをしてしまったり、思わず目をつぶってしまったりと、なかなかうまく行かない事が多いです。こういう時は強めに瞬きをするか、人工涙型の目薬を点眼しておくと外しやすくなります。目が乾いている時は、外す前に人工涙型の点眼薬をさしておくのもポイントです。慣れてしまうと鏡を見なくても外せるようになりますが、最初はコツをつかむまで少し時間がかかる事もあります。焦らずゆっくりトライして、自分なりにはずし方を覚えていけば大丈夫です。レンズの種類によってコツも変わってきますが、人気のあるワンデーコンタクトならソフトレンズですから、外し方も覚えやすいです。

最新ニュース